便秘の原因

便秘の原因

生活習慣や日常生活の小さな原因が積み重なって起きる便秘。その原因は食物繊維不足や運動不足など一般的に知られているものから、ダイエットや下剤の常用など原因はさまざまです。食生活、日常生活、健康生活のなかから、今起きている便秘の原因を見つけてください。単独犯よりは、複数の原因がある可能性が高いでしょう。

原因.1
食物繊維の不足によって便秘になる
(食事で食物繊維をたっぷりとっていると便のもとが増えて、出やすくなります。また排便機能を高めて、老廃物をすみやかに排出する働きもあります。不足すると便が硬くなり、老廃物がたまり排便機能はお休みモードになってしまいます。)
原因.2
水分の不足によって便秘になる
原因.3
ストレスによって便秘になる
(旅行などの環境の変化や、なんらかの精神的なストレスを受けると、その緊張が脳に影響し、それによって腸の運動が抑制されて、便意が起きにくくなります。なかには便秘になって、ストレスの存在に気づく人もいます。)
原因.4
運動不足によって便秘になる
(運動不足は、腸の働きや排便にかかわる筋力の低下を招き、便秘の原因になります。運動をせずに便秘が改善されないと、老廃物がたまったままの状態でぽっこりおなかになってしまいます。)
原因.5
無理なダイエットによって便秘になる
(食事を制限するなどダイエットは食物繊維不足に加え、全体的な食事量不足で便のもとが少なくなってしまいます。その結果、便が作られず便秘になります。ダイエットの繰り返しで便秘を繰り返し、慢性化した便秘になります。)
原因.6
玄米食の常用によって便秘になる
(玄米食は健康食品としてブームですが、不溶性食物繊維が多く、腸の調子が悪い時にとり過ぎると未消化になりやすいので便秘の原因になります。)
原因.7
朝食を食べていないことによって便秘になる
原因.8
食事をする時間帯のばらつきによって便秘になる
原因.9
生活のリズムによって便秘になる
(夜更かしや睡眠不足、食事がきちんととれていないなど、生活のリズムが乱れると自律神経のバランスが崩れ、便のリズムも乱れてしまいます。とくに朝食抜きは、便秘が続く原因になります。)
原因.10
排便のリズムによって便秘になる
(朝トイレに行く時間がない、羞恥心から外出先で便意をガマンするなど、何回か便意を逃していると、排便の命令系統が崩れ、直腸と肛門の働きが低下して、便意を感じにくくなります。)
原因.11
下剤依存によって便秘になる
(センナ、アロエ、大貴などのアントラキノン系の下剤を常用して半年から1年以上になると、大腸の粘膜下に「大腸メラノーシス」という色素沈葛が起き、大腸せん動運動も低下し、下剤に頼らないと出なくなり、下剤依存症になってしまいます。)
原因.12
女性ホルモンの変動によって便秘になる
(女性ホルモンは月単位で変動しますが、その変動が便通に影響を及ぼします。排卵後から月経までの間には、エストロゲンの分泌が増加する影響から腸の働きが低下し、便秘になりやすくなります。ほかにも、吹き出物や、おなかがはるなどの不快な症状が現われます。これは「月経前症候群」。)
原因.13
冷え症によって便秘になる
(薄着、エアコン、冷たい食べ物などで休を冷やし冷え症になると、全身の血流が滞り、腸の血行も低下します。その結果、腸の働きが弱まり、便秘や下痢が起きやすくなります。また老廃物から出る毒素が腸に吸収されて全身へ回ることで、冷え症がさらに悪化することもあります。)
原因.14
病気や老化の影響によって便秘になる
(大腸ガンやポリープ、過敏性腸症候群、甲状腺疾患、うつ病など心の病気、虫垂炎や子宮筋腫などの手術後、抗うつ剤等精神薬を長期間飲んでいるなど、病気や治療が便秘の原因になります。また加齢とともに大腸壁の弾力性がなくなり、それが原因で高齢者に慢性の便秘が増えます。)

※いずれの原因も生活習慣と密接した関係にあるのがわかると思います。便秘を解消するにはまず生活習慣を改善するのが近道といっても過言ではありません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ