コーヒー豆マンノオリゴ糖

コーヒー豆マンノオリゴ糖

コーヒー豆マンノオリゴ糖(コーヒーオリゴ糖)はコーヒーを抽出した後のコーヒー豆に含まれるオリゴ糖です。人間の消化酵素ではほとんど分解されないのが特徴で、大腸の中に棲んでいるビフィズス菌の栄養源になり特異的に増殖させます。甘味は少なく、砂糖の半分ほどの低カロリーです。現在わかっている特性として、脂肪の吸収を抑える、たまった脂肪を代謝させる、アレルギーになりにくくするなどの働きがあります。

特定保健用食品に利用されているオリゴ糖

スポンサードリンク

ページの先頭へ