便秘に効果的なレシピ

めかぶ&オクラ納豆

納豆・めかぶ・オクラで作る「ネバネバ納豆」

めかぶ&オクラ納豆腸内細菌が体に悪影響を及ぼさないようにするには、腸管免疫を高めることが必須になります。それにピッタリなメニューが、納豆・めかぶ・オクラで作る「ネバネバ納豆」です。これら3つの食品も、ネバネバの正体は「多糖類」という成分です。多糖類には、腸内の善玉菌を増やすほかに、免疫細胞を活性化する働きがあります。免疫細胞の働きが活発になれば、たとえ悪玉菌が体内で悪さをしようとしても、それを抑制し、便秘や冷え症などを予防することができます。

便秘以外にも様々な効果が!

オクラに含まれる「ペクチン」納豆のナットウキナーゼという酵素には、血液の中の血栓(血液中にできる血のかたまり)を溶かすだけでなく、血栓をできにくくする作用があります。なので、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防・改善に役立ちます。
めかぶにはアルギン酸やフコイダンなどの食物繊維が豊富に含まれています。これらには、余分なコレステロールの吸収を抑制し、便といっしょに排出する力があります。
オクラのネバネバ成分に含まれる「ペクチン」は、整腸作用をもつため、下痢や便秘を防いでくれます。更に、悪玉コレステロールを減らす効果もあります。ほかにビタミンB&Cも豊富で、カリウムや鉄などのミネラルもたっぷり含まれています。このように、ネバネバ納豆は、腸スッキリ効果、血液サラサラ効果がある究極のレシピです。

ネバネバ納豆の作り方

材料

(3日分)●納豆…1パック●めかぶ…50g●オクラ…1本

①オクラをサッと水洗いして、輪切りにします。
②納豆、めかぶ、オクラよくまぜて、納豆のタレ、もしくはしょう油を適度に加えて出来上がりです。

スポンサードリンク

ページの先頭へ