便秘薬について

便秘薬について

どんな薬が良いのでしょう?

様々な薬が市販されています常に便秘に悩まされている人は、便秘薬を購入して飲んでいる人も少なくないと思います。便を柔らかくして排便しやすくするものや腸を刺激して、無理やり運動させて排便するもの、腸内のすべりをよくして排便を促すものなど、市販されている便秘薬は数え切れないくらい種類があります。中には使われている成分が強く腹痛を起こすものなどもあるので注意が必要です。自分の便秘のタイプに合った薬を選びましょう。
市販されている薬が悪いというわけではありませんが、なるべく病院で処方してくれる薬を飲むのが無難です。もし市販の薬を購入する時は薬剤師さんに相談して購入しましょう。

便秘薬を飲んだことがない人が、急にセンナなどの入った効き目の強い薬を飲むと、腹痛を起こしてしまいます。最初は効き目の優しい、漢方成分などの薬にしましょう。

便秘薬に依存しないようにしましょう

指示を守って服用しましょう便秘薬は便秘を完全に治すものではなく、一時的に便秘を解消するだけのものだということを知っておきましょう。便秘薬に頼るのは、どんな努力をしても排便できないときだけにした方がいいでしょう。なぜかというと、薬に頼りすぎてしまいそれに慣れてしまうと、自分の体が腸を動かすことをやめてしまいます。つまり、薬がなくては排便しにくい体質になってしまいます。また薬は常用すると肝臓に負担をかけてしまいます。薬を飲むときはお医者さんや薬剤師さんの指示を聞いて、容量を守って服用するようにしましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ