食物繊維で便秘解消

食物繊維で便秘解消

食物繊維と便秘

食物繊維豊富な野菜食物繊維が不足すると便秘の原因にまります。食物繊維は消化吸収されないで大腸に直接送られて、それが便の材料になります。また、善玉菌のエサになって腸内環境を改善します。なので食物繊維が不足すると、便の材料が作られずに便秘になってしまいます。
野菜をあまり食べない人の便の量が少ないのはこのためです。便秘解消のためにも毎日継続して食物繊維をとりましょう。

多種類の食物繊維をとりましょう

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準で1日に男性が19g以上、女性で17g以上の食物繊維をとることを推奨しています。食物繊維には水溶性と不溶性のものがあります。水溶性の食物繊維は腸内の有害物質の濃度を薄くしたり、血糖値の急な上昇を防ぎコレステロールや中性脂肪の吸収を阻害してくれます。不溶性の食物繊維はコレステロールの代謝をよくし、大腸ガンなどを予防してくれます。両方とも快適な排便には欠かせない食物繊維なので、食事を工夫して多種類の食物繊維を摂るようにしましょう。

水溶性
山芋、オクラ、昆布、ワカメ、 ジャムやマーマレードなど
不溶性
セロリ、きのこ、豆類、穀類のふすまなど

スポンサードリンク

ページの先頭へ