便秘に効果的なレシピ

毒出しとは

体内の毒素を出す「断食」

体内の毒素を出す「断食」私たちは知らず知らずのうちに、食品添加物や農薬などの化学物質を体内にとり込んでいます。健康な体では、これらが解毒器官である肝臓で代謝され、尿や汗、便として体外に排出されていきます。しかし、飲みすぎや食べすぎの積み重ねなって、肝臓に脂肪がついてしまうと、排出がスムーズに行われず、毒素がどんどん体内にたまっていきます。また、血液も脂肪でドロドロになっていきます。そこで注目されるのが「断食」です。食事を断つことによって血中や肝臓の脂肪を代替エネルギーとして消費させ、サラサラになった血や肝臓の本来の働きで体内の毒素を排出しやすくさせます。

断食には「回復食」が重要!

断食後の「回復食」が重要断食は、食事を断てばよいというものではありまなく、断食後の「回復食」が重要になります。断食は、「抜いた分と同じ日数分の回復食を食べる」ことが基本です。「断食後の食事を少なく抑えること」で内臓が十分に休めることができ、その間に体が毒素を出す準備を始めます。つまり、たとえば、まる1日断食をすると、翌日の3食を回復食にする必要があります。しかし、これでは日常生活で実行するのは困難だと思います。そこでおすすめしたいのが、自宅でできる「半日断食」です。

半日断食成功のコツ

半日断食は、野菜ジュースを2回、回復食を1回ですますことができる断食法です。完全な断食と違って、野菜ジュースを利用するので、回復食が1回ですむのが大きな利点です。半日断食を成功させるには以下のようなコツがあります。

①前日の夜、朝は普段の食事量の70%ていどにする。
②回復食後の30分は散歩をしたりお風呂に入るのがおすすめ。
③野菜ジュースと回復食の材料買出しは前日にしておくこと。(断食中に買い物に行くと、いろいろな食べ物が目についてしまう可能性がある為。)
④断食中は、冷蔵庫の中はできるだけ空にしておく。
⑤半日断食をしたあとは、早めに就寝する。(毒素を濾過する器官・腎臓が働くのは、夜11時から夜中の3時なので、早めにベッドに入って腎臓の働きを活発にすれば、体の毒素が出やすい為。)

毒出しジュース

効果的な野菜ジュースレシピ

以下に、甘めのものとさっぱり味の2種類の野菜ジュースレシピを紹介します。朝と昼で分けても、朝と昼同じものを飲んでも大丈夫です。両方とも食物繊維がたっぷりで、便通がよくなる「毒出し」ジュースです。便秘、冷え症、肌荒れなどで悩んでいる人は、半日断食以外でも1日1杯飲むとよいでしょう。半日断食は毒出しだけでなく、乱れた生活のリズムや食生活、くるった味覚のリセットにも効果的です。

にんじんヨーグルトジュースの作り方

材料

(1人分)
にんじんヨーグルトジュースのレシピ●にんじん…2分の1本
●グレープフルーツ…4分の1個
●レモン汁…小さじ1杯
●ヨーゲルト…2分の1本カップ 
●豆乳…4分の1カップ

①にんじんの皮をむいて薄切りにします。
②グレープフルーツは皮と薄皮をむきます。
③にんじん・グレープフルーツと残りの材料ミキサーに入れて混ぜ合せて完成です。

モロヘイヤジュースの作り方

材料

(1人分)
モロヘイヤジュースのレシピ●モロヘイヤ(葉)…50g
●セロリ…20g
●グレープフルーツ…2分の1個
●レモン汁…大さじ1杯
●オリーブオイル…小さじ杯
●水…2分の1カップ
●タバスコ…好みの量で

①セロリは筋をとり、グレープフルーツは皮と薄皮をむきます。
②セロリ・グレープフルーツと残りの材料ミキサーに入れて混ぜ合せて完成です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ