便秘に効果的なレシピ

アロエ

アロエに含まれる「アロイン」が便秘解消に有効!

アロエに含まれる「アロイン」古くから「医者いらず」として、世界中で利用されてきたアロエの数多くある有効成分の中でも代表的なものが、「アロイン」(バルバロイン)です。アロインは皮に多く含まれる、独特の苦みのもととなっている成分です。アロインには、強い排便促進作用があります。胃でアロインの成分が壊れず、腸までたどりつく性質をもっているためです。アロインは大腸に入ると、腸内嫌気性菌により分解され、体内の水分を腸の粘膜に集めて便をやわらかくする、腸の蠕動運動を活発にするなどの作用を示して排便を促進させるようにに働きます。

アロエの栄養成分をまるごととれる「アロエシャーベット」

アロエシャーベットの写真便秘解消には、食後にアロエを食べるのがおすすめです。胃が弱いとか、胃潰瘍などで胃に負担をかけたくない人も、食後にとるのがよいでしょう。便秘解消に役立つアロエの有効成分は熱に弱く、生葉の状態でとるのが最も効果があることが動物実験などで証明されています。なので、「アロエシャーベット」なら、有効成分が壊されず、アロエの栄養成分をまるごととることができます。アロエは皮ごと食べるのが薬効をまるごと吸収するコツです。家庭でアロエを皮ごと食べる場合は、キダチアロエがおすすめです。入手がしやすいことと、作用が穏やかなのが理由です。
アロエベラのアロインは効きめが強いため食品として販売する場合は、アロインをとり除くことが必要になります。家庭でアロエベラを食べる場合は、皮をとり除いたものから始め、徐々に体調をみながら慣らしていくといいでしょう。なお、アロエシャーベットを食べる場合は少量から始めて、徐々に体調をみながら増やしていきましょう。妊娠している人はとらないようにしてください。

アロエシャーベットの作り方

材料

(3日分)幅3cm、長さ20cmくらいのキダチアロエの葉1本

①両端ととげをとりしっかりと水洗いをします。
②真ん中で2つに切り分け、2~3mm幅の薄切りにします。
③平らなる容器にラップを敷いて重ならないようにアロエをならべます。なるべく空気にふれないようラップで表面をおおい、冷凍庫に入れます。
④1時間程度で葉がかたまったら、出来上がりです。保存用の袋に入れ冷凍庫で保存しましょう。

●溶けやすいので、食べる直前に冷凍庫からとり出しましょう。一度溶けたら、再冷凍しないようにします。
●ダイエットしたい人は食前に食べると良いでしょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ